マンダラを心とカラダで体験できる場所はここ

マンダラを体感するなら、実際に描いてみるというのもがいいのですが、これからご紹介するところに訪れて、肌でその感覚を得てみるのも良いでしょう。
実際に訪れてみると、厳かな・・とか精神的に落ち着く・・とかいうそれ以上のことを感じることができます。

1高幡不動尊金剛寺

東京都の西に位置するところにあります。

平安時代に建立されました。

1-1 密教の曼荼羅

この高幡不動尊の宗派は密教になります。

日本仏教において、曼荼羅は密教において多く展開されています。その中でも有名なのが、金剛界曼荼羅と胎蔵曼荼羅でしょう。この二つを併せて、両界曼荼羅と言います。

日本密教の中心となる仏である大日如の説く真理や悟りというものを文章ではなくて、図式にして表されたのが、この曼荼羅になります。

両界曼荼羅の詳細は、こちらをご覧ください。

https://care-heart.net/mandala-imi-5/

1-2 曼荼羅の色

曼荼羅は、赤・白・青・黄・緑の5色で構成されています。これらは、様々な意味を持って使われています。

例えば人の煩悩または感情も色で表されます。

赤・・鬱状態

白・・悲嘆

青・・不安

黄・・悩み

緑・・怒り

高幡不動尊にある曼荼羅は、大変美しい色彩の曼荼羅です。両界曼荼羅とともに珍しい曼荼羅もあります。

場所は、奥殿になります。静かな空間ですので、ゆったり見学が可能です。

1-3 高幡不動尊の他の魅力

1-3-1 丈六不動明王像両童子像

奥殿に安置されてる不動明王は、平安時代のものです。

足利時代には「汗かき不動」とも呼ばれており、戦国武将の尊崇を集め、江戸時代には火除けの不動尊として庶民の信仰を集めました。

雄大さに圧倒されそうになりますが、傍にある童子像の様子がどこかユーモラスでほのぼのとさせる空気を持っています。

1-3-2 大日堂 鳴り龍

曼荼羅のある奥殿より少し奥に進むと、大日堂があります。

天井には、墨絵で描かれた龍の絵があります。龍の下で手を打ってみましょう。なんとも言えない音ともに、願いが叶うのだそうです。

1-3-3 不動ヶ丘

山内八十八ケ所巡りが可能になっています。

木陰の中を歩くことで、森林浴が可能です。深い呼吸とともにリラックスする時間を持つことも可能な場所です。

【高幡不動尊】

住所 東京都日野市高幡733

電話番号 042-591-0032

2 東京ジャーミィ

東京都のど真ん中に位置する閑静な住宅街のその片隅に、異国情緒たっぷりの建造物があります。

およそ、日本らしくないのですぐにわかる素晴らしい建物です。

2-1ジャーミイという意味とは

トルコ語で、大勢が集まって礼拝が行われるところの意味になります。または、「人が集まるところ」の意味を持っています。

2-2 東京ジャーミイ に入るには

イスラム教徒でなくとも、見学は可能です。

イスラム教徒の女性は。「ヒジャブ」という頭を覆うベールを着用しています。もし、礼拝所に行くのであれば、スカーフやストールを用意した方が良いでしょう。

もし忘れてしまった場合でも、貸し出しをしています。

また、肌の露出部分を隠す黒い服も貸し出ししていますので、夏場であれば長袖のはおりものを用意すると良いでしょう。

2-3 ジャーミィの中の色彩

真っ白な壁面に幾何学模様やカリグラフィー、コーランの言葉、ステンドグラスが施されています。その中で目をひく色があります。

それは、トルコブルーというかターコイズブルーです。

2-4 ターコイズブルーの意味

この色は、不透明な青緑色の鉱物の名前からそのまま取られました。

この鉱物は、古くから聖なる石や不思議な力を秘めた石として崇められてきました。

古代ペルシャ人は、不慮の死から身を守るためこの鉱物を魔除けとして使っていました。この色が変わったら、何かの危険や悪いことが近づいている印とされたのです。

また、魔除けとしての目的の他に、繁栄のためのお守りや栄養吸収を促す健康や癒しのためのお守りとしていました。

チベットの仏教でも特別な意味を持ち、ターコイズという言葉は、湖や花など「美しさ」を表すのに用いられました。

さらに、ヒマラヤ地方の人々は、神秘的・霊的力・癒しの力があるとして、子供たちにはターコイズがお守りとして与えられます。

この色は、胸腺や免疫系という身体の器官とも関係し、心の不安を一掃し、安心に導くとされています。そういう意味では、お祈りを捧げる場所の色としては最高の色であるということなのでしょう。実際に、この空間では、広い気持ちと焦りのない安定した気持ちになりました。

日々の混沌とした毎日の中に、この「ターコイズ」という色を入れてみると違うものがあるのでしょう。

2-5 美しいマンダラ美にあふれている

天井を見上げれば、そこには美しいマンダラが施されています。ただ、魅了されます。

どうぞこの写真をまずはご覧になってみてください。

この中で、平和・安心・・ポジティブな感情に満たされます。

美しい空間というのは、人の心も美しくするのでしょう。

2-6 見どころ

お土産やハラール食のショップがあります。

なかなか目にしないグッズなどもおいてあります。フラリと立ち寄ってみるのも面白いでしょう。

【東京ジャーミィ】

住所 東京都渋谷区大山町1-19

電話番号 03-5790-0760

3 まとめ

誰しも、ホッとできる場所を持っていると思います。そこで、頭を空っぽにしてぼーっとしてみたり、一息つく時間にして脱力してみたり・・

日々、周囲に気持ちを配りながら過ごしている方には、なかなか持てずにいるホッとする時間かもしれません。しかし、人には、必ずそのような時間と空間が必要です。その場所の一つとして、こちらを訪れてみるのはいかがでしょうか。

曼荼羅が気になりだしたら最初に読むNote
もれなくプレゼント!

曼荼羅と聞いてどんなイメージを持ちますか?
ちょっとしたイメージから得られる曼荼羅と、ここで知ることができる曼荼羅は、違いがあります。

読んでいただければ、今までのイメージが一掃されることでしょう。

それは・・「曼荼羅って意外に身近なものなんだ・・・」と感じられるということです。

本当の曼荼羅とはどんなものなのか・・・を多くの皆様にお伝えできればと思います。