イライラが消える月経中のからだのケア6選

おおよそ月に一度の「月のもの」という月経(生理)。この月経のことが、万葉集にも登場しているというのはご存知でしたか?「月の障り」という表現で登場しています。

大昔から、大抵の女性が「厄介なもの」として捉えていますが、受け止め方や過ごし方によってはそうでもないのです。そして、「厄介」な状況が少し軽くなるアクションをできるところから起こしてみましょう。

きっと、より自分を大事に思うことができるし、愛おしんであげられます。これを読んだ後には、あなた自身があなたのからだをギュッと抱きしめてあげたくなることでしょう。

1 生理(月経)は、最高のデトックス!

デトックスというと「痩せる」とかスリムアップのイメージもあるでしょう。でも、女性にとって一番のデトックスは「月経(生理)」なのです。

おおよそ28日の周期で訪れる月経は、月に1回はやってきます。そうすると、月経は月に一回は必ずやってくる大掃除の日になるわけです。溜め込まれた老廃物も一掃されるのです。

2 私のからだを知ってあげる最高の機会

月経前になると、決まって起こることなどありませんか?

例えば、浮腫みやすい・体重が増える・甘いものが食べたい・・・など。その他に、まるで巣ごもりの準備のように無性にお掃除がしたくなる女性もいるのです。

あなたはどうでしょう?ちょっと振り返ってみることが、あなた自身のからだを知ってあげることになります。

3 月経中の過ごし方

〝月経は病気じゃない!〟なんて言われます。確かに病気ではありませんが、経血があるということは、からだはセンシティブになっていることは確かなのです。

そして、風邪を引きやすかったり、疲れやすかったりする方も少なくはありません。

およそ月に一回ですから、この期間は「おやすみ期間」として意識してあげてください。重要な仕事が入ってしまったら、その直後は早めに就寝するなどの自分への気配りも大切です。

からだが大掃除をして「生まれ変わる」ことを一生懸命に行っています。その手助けができるのは、あなた自身だけなのです。

4 月経中のケアを考えてみる

お手当用のナプキンといえば、紙と決まっていました。

しかし、ここ数年前から「布ナプキン」の利用者も増加中です。面倒なようですが、今は機能的なものたくさん出回っています。たまには布の優しい感触お手当してみるのも良いでしょう。E1430480884117_2

こんなメリットもあります。

4-1 肌に優しい

布ナプキンユーザーが良いと感じていることは、やはり肌触りの良さです。

従来のナプキンでは、装着時になんとなく違和感を覚えるものですが、布ナプキンは普段のショーツと同じ布製ですから違和感がありません。

また、ムレやかゆみ、かぶれなどの軽減にもなります。

生理中ではない感覚で過ごせるので、肌ストレスが少なくなったユーザーも多いのです。

4-2 冷えない

従来の使い捨てナプキンは経血を吸収すると、吸水ポリマーが固まります。吸水ポリマーは熱を通しにくいので、冷えたままになります。それが下半身の冷えの原因となり、生理痛を重くすることもあるのです。

布ナプキンは綿素材であることが多いため、使い捨てナプキンと比較して、冷えづらいと感じる方が多いようです。

5 経血から私のからだチェック

経血の量については、個人差があります。ただ、いつもの月経と何か違う?などからだのサインを示すバロメーターのひとつでもあるのです。

経血の量だけでなく、状態や色などもからだの状況を知る上では大切です。経血から自分を観察することをしてみませんか?

pasted-image

5-1 経血の状態から食生活を見直す

pasted-image-2

なんと、経血の状態から食生活を見直すきっかけのサインが送られてくるのです。

糖質の多い食事の方は、ドロドロした経血になります。すると、スムーズに子宮から排出されないため、月経痛が起こりやすくもあるのです。糖質を控えめにしてみると、サラッとした経血になってきます。

6 月経痛の改善に簡単ストレッチ

とても簡単なのです。両手をグーっと上げて伸びをしてみます。これを1時間に一回はしてみます。硬くなった筋肉がほぐれて、血のめぐりが良くなり。凝りや冷えの改善になります。

伸びる際に、骨盤も少し動かしてみましょう。硬くなった子宮の中もめぐりが良くなり、月経痛の改善になります。月経中に関わらず、いつでもやってみましょう。

7 月経中は控えてみる食品

この期間だけは、チョコレート・チーズ・コーヒーを控えてみてください。

「チラミン」という血管や子宮を収縮させる成分が入っています。不快な症状を避けるためにもストップしてみてください。

また、カフェインは、からだを冷やします。冷えを引き起こしやすい月経の期間は摂らないようにしてると良いです。

8 まとめ

女性なら誰にでも起こりうる悩みのひとつでもあります。ただ、月経によって色々なことがわかるのも事実なのです。

からだは、今存在するものひとつだけです。どうぞ愛おしんでください。

そして、なかなか人に聞けない悩みでもありますので、悩んで抱えてしまわずに、専門家の意見を求めることも時には必要です。

月経というデトックスで、毎月美しくなるあなたでありますように。

無料PDF|曼荼羅が気になりだしたら最初に読む本

曼荼羅と聞いてどんなイメージを持ちますか?
ちょっとしたイメージから得られる曼荼羅と、ここで知ることができる曼荼羅は、違いがあります。

読んでいただければ、今までのイメージが一掃されることでしょう。

それは・・「曼荼羅って意外に身近なものなんだ・・・」と感じられるということです。

本当の曼荼羅とはどんなものなのか・・・を多くの皆様にお伝えできればと思います。