チャクラを整えて循環の良い人生になる方法

「自分らしい人生を生きていきたい・・」これは、誰しもが思う考えであり、願いでもあるでしょう。その願いを叶える一つの方法として、「チャクラを整える」ことがあります。

馴染みのない言葉として、受け止められる方もあるかもしれませんが、誰にでもあるチャクラです。これを読んで、チャクラに意識を傾けるきっかけになることでしょう。
そして、最初の願望を叶える入り口に入ったのです。

1 チャクラとは何か

チャクラとは、人間の精神やからだをコントールすらためのエネルギーセンターになり、からだにある「気」の出入り口ともなるところです。

よく「病は気から」と言います。その「気」を整えることこそが、あなたらしい健康な心とからだを維持していくきっかけにもなるわけです。
そして、持っていたのに埋もれてしまっている美しさをも引き出すことが可能になるのです。

1−1 チャクラの概念

「チャクラ」は、古代インドの伝承医学であるアーユルヴェーダやハタ・ヨーガに用いられる概念のひとつです。

目に見えないエネルギー的な要素がありますので、スピリチュアルな感覚で捉えている方もいると思いますが、誰の体にも存在するものであり、近年では、科学的根拠も立証されているのです。

1−2 チャクラの働き

「チャクラ」は、古代インドのサンスクリット語で「車輪」や「渦」などと表されます。

チャクラは、常に回転していることから「回転」の意も持ちます。頭頂部から胴体に縦に配列された、その車輪の形のチャクラは、花のように、または曼荼羅のように表されています。

この私たちの中にある大輪の花は、面白いことに、感情によって開いたり閉じたりを繰り返すのです。また、花の大きさは、個人の成長の度合いによって、大きさも違ってきます。

チャクラは、高次元のエネルギーを取り入れて、思いや感情とからだをつなげるツボとも捉えることができます。

1−3 チャクラが活性化している状態とは?

活性しているということは、「状態が良い」状況にあることを言います。
具体的にどのようであるかというと次の通りになります。

① 思考がクリア

頭の中に程よいスペースを保つことができ、周囲の状況がよく見えます。また、感情や思考に振り回されないので、物事に取り組みやすく、良いアイデアが浮かんだりするので、良い流れに乗れることになります。

② 健康なからだを維持していける

チャクラはエネルギーとしてだけではなく、からだの各臓器や器官とも結びついています。チャクラが活性化しているとは、免疫機能が正常に働きます。

故に、様々な体調不良や炎症の起こることがなくなり、起こったとしても改善されるのです。ですから、結果的に健康な生活を手に入れることができるわけです。

③ 感覚器が研ぎ澄まされる

私達にある「五感」は、ご存知でしょう。
「嗅覚」「味覚」「視覚」「触覚」「聴覚」があります。それに加えて、第六感もあります。

チャクラは、誰にも存在している生命エネルギーのセンターです。チャクラの活性によって生じることは、ここにある3つに限ることではありません。
それは、皆さん自身の中にしか存在しないものもあるでしょう。

1−4 チャクラが機能しない状態とは?

私たち人間は、毎日を生きている中で、たくさんの経験をしています。その中でたくさんのこと学び、感じて揺れているのです。

この揺れ動く感情やからだを対して、軽々と対処しきれない事柄もあることは確かでしょう。このように、ダメージが大きい場合に、なるべくダメージを受けないように「自己防衛」してしまうこともあります。

このような時は、チャクラがベストな状態にないとき・・になるのです。
このような時、心もからだも滞る状態にあることは、あなたが一番感じているのではないでしょうか?

そんなあなたを優しく救う方法が、次項にあります。

2 チャクラを整える方法

近年。チャクラの捉え方が、スピリチュアルのみならず、科学的にも捉えられ、立証されてきている昨今です。

そのチャクラを手軽に整える方法があります。
ただし、短時間でも継続は力なり・・なのです。

2−1 音楽を取り入れる

チャクラを整える音の一つとして、ソルフェジオ周波数の効果が注目されています。そして、その周波数を取り入れた音楽もたくさん作られているのです。

このソルフェジオ周波数は、ジョン・レノンやポール・マッカートニーも曲作りに意図的に使っていたという説もあります。

因みに、自然の音の中にこれがあります。それは、川のせせらぎや草原が風になびく音です。
チャクラを整えたい・・・そう感じたら、自然の中に身を置いてみるのはいかがでしょう。

2−2 パワーストーンを取り入れる

チャクラは、「気」の出入り口です。チャクラを活性化するパワーストーンを取り入れることで、全体の気の流れが良くなります。ご自分の状態によって対応したパワーストーンをうまく用いて、自然に良いエネルギーを取り込めるようにしましょう。

2−3 色を取り入れる

チャクラは、色と対応しています。あなたの欲する色は、あなたのからだがチャクラを調整したいと潜在的に感じているから・・・ということもあります。

または、意図的に取り込んで、活性化してみるということもありうるのです。
それは、服装の中に取り入れてみたり、小物にその色を取り込んだり、目につくところのものをその色にしてみる・・・などです。

こうすることで、あなた自身が、快適な状態に保たれるのが一番大切です。

2−4 香りを取り入れる

チャクラは、活性化させるだけでなく、癒すことも大切です。チャクラも疲れる・・・わけです。

チャクラに対応した、アロマというのもありますが、あなたが心地よく感じられる香りを楽しむこと、そしてその香りの中でくつろぐことが大切なのです。

2−4−1 チャクラを休ませる環境の作り方

「芳香浴」というのをお勧めします。あなたのいる空間が、あなたの大好きな香りに満たされるのです。

耐熱性のカップを用意します。そこに、80℃くらいの湯を入れましょう。そこに、精油を2〜3滴落とすのです。

精油は、揮発性がありますので、すぐにあなたのいる空間はその香りで満たされます。ゆっくり目を閉じて瞑想することも良いでしょう。

4 まとめ

チャクラは、エネルギーを取り込んだり、解放したりしながら回転しています。それは、食べ物を取り込んで消化して吸収し、そして排泄することと同じでもあります。
私たち自身が良好な状態であるということは、すべてにおいて、溜め込まずに循環させるということでもあるでしょう。

無料PDF|曼荼羅が気になりだしたら最初に読む本

曼荼羅と聞いてどんなイメージを持ちますか?
ちょっとしたイメージから得られる曼荼羅と、ここで知ることができる曼荼羅は、違いがあります。

読んでいただければ、今までのイメージが一掃されることでしょう。

それは・・「曼荼羅って意外に身近なものなんだ・・・」と感じられるということです。

本当の曼荼羅とはどんなものなのか・・・を多くの皆様にお伝えできればと思います。